1. 忠臣蔵ウィーク2019
  2. >
  3. 忠臣蔵BLOG
  4. >
  5. 2019
  6. 「赤穂さんぽ」 23回目は「雄鷹台山」です

「赤穂さんぽ」 23回目は「雄鷹台山」です

23回目は「雄鷹台山」です。

 

 

 

JR播州赤穂駅、すぐ裏手の「雄鷹台山」(おたかだいやま)
からは、赤穂の町が、ひと目で見渡せます。

 

高さ253mの山で、急な所はありますが、結構登りやすくて、
たくさんの人たちが登っています。

 

写真は2合目の、最初に景色が開ける場所で、岩場になって
いるので、座って景色を眺めたりできます。

 

写真の説明をすると。

 

右の方にあるJR播州赤穂駅から、駅前通り、お城通りと
歩くと、右上の緑に囲まれた「赤穂城跡」があります。
その手前に広がっているのが城下町ですね。

 

左の千種川には、河口にかかる3つの橋が見えます。

 

一番手前が「赤穂大橋」で「息継ぎ井戸」から真っすぐ
東へ歩いて、この橋を渡ると東浜塩田のあった、尾崎と
御崎の町に入ります。

 

左奥に見えている山が、赤穂御崎の旅館街や、御埼灯台が
建っている場所です。昔は東浜塩田も見えたんでしょうね。

 

「もっとおさんぽ」

 

・戸島升
   …雄鷹台山の登り口の傍にあった、旧赤穂上水道の
    浄化升で、ここが城下町に送る水と、西の塩屋
    地区への農業用水の分岐点になっていました。

 

    「水恩之碑」と「旧赤穂上水道案内板」が建って
    います。(駅前通りにも上水道モニュメントあり)

 

・八十八ケ所霊場石仏めぐり
   …雄鷹台山の石段を上った所には太子堂があって、
    登山道は、石仏めぐりのコースにもなっています。

 

・ドウダンツツジ
   …2合目を過ぎた辺りから登山道の両側に植えられて
    いて、紅葉の時期には、真っ赤なドウダンツツジの
    中を歩けます(春の白い花もキレイです)。

PAGETOP