1. 忠臣蔵ウィーク2019
  2. >
  3. 忠臣蔵BLOG
  4. >
  5. 2019
  6. 「赤穂さんぽ」 19回目は「赤穂八幡宮」です

「赤穂さんぽ」 19回目は「赤穂八幡宮」です

19回目は「赤穂八幡宮」です。

 

 

赤穂の城下町から東の、千種川を渡った尾崎地区にあります。
(息継ぎ井戸から、1kmちょっとくらいの距離です)

 

小さな町の神社にしては、かなり大きく立派な社殿になっていて。
それは赤穂八幡宮が、赤穂の南部一帯の総氏神で、浅野家など
歴代藩主に守られ、信仰されていたからのようです。

 

義士関連の物も、大石内蔵助ゆかりの布袋額や、奉納した石灯籠、
大石良雄御手植之櫨(はぜの木)、義士の書状などが、たくさん
残されています。

 

写真は10月に行われた「秋祭り」が始まる直前で、この祭りに
使われる「神輿、獅子頭、太鼓など」を、あの浅野内匠頭長矩が
元禄元年(1688)に寄贈したそう。刃傷事件の13年前ですね。

 

「もっとおさんぽ」

 

・おせど(伝 大石良雄仮寓地跡)
   …大石内蔵助と家族が、開城のあと、京都の山科へ行く
    まで住んでいた場所。
    赤穂八幡宮の、ほぼ東隣にあります。

 

・塩釜神社
   …八幡宮の右手から坂を上った神社。もとは東浜塩田に
    祀られていました。

 

・普門寺
   …もとは城下町の花岳寺近くにあった寺。
    平安時代初期に作られた本尊の木造千手観音坐像は、
    国の重要文化財になっています。

 

・赤穂御崎・新浜港
   …内蔵助と家族が京都の山科へ向かった港で、旅館街の
    きらきら坂を下りた所にありました。

    歩くと結構遠いですが、昔は八幡宮から300mほど東の
    所から塩田で、その間を1本の道だけが、今の赤穂御崎
    まで通っていたそうです。内蔵助も多分、通ったはず。

PAGETOP