1. 忠臣蔵ウィーク2019
  2. >
  3. 忠臣蔵BLOG
  4. >
  5. 2019
  6. 「赤穂さんぽ」 14回目は「義士宅跡」です

「赤穂さんぽ」 14回目は「義士宅跡」です

14回目は「義士宅跡」です。

 

 

 

赤穂に住んでいた義士21人の宅跡は、赤穂城の三之丸と、
城下町の西側の、もと侍屋敷街に点在しています。

 

写真は大石神社の駐車場にあった、片岡源五右衛門の
屋敷跡で、大石内蔵助宅跡長屋門と同じ並びになって
います。(写真の奥の方が、内蔵助宅跡です)

 

片岡源五右衛門は、説明版によると「浅野内匠頭長矩と
同年齢で、幼い頃から側近くに仕えた」そうです。

 

江戸城、松の廊下での刃傷事件の時も、内匠頭のお供を
し、切腹になる事を知ると、預けられている田村邸に
駆けつけて懇願、別の部屋からですが、切腹に向かう
内匠頭の姿を見ることができたそうです。

 

「もっとおさんぽ」

 

・城下町の義士宅跡
   …それぞれ名前の石柱と説明版が立てられています。
    城下町の宅跡は今、色んなものになっているので、
    ひとつづつ探してみるのも面白いですよ。

 

・城下町の寺
   …花岳寺の周辺を歩いていると、やたらにお寺が多く
    って、お寺だらけって気がします。

    これは城や街道を守るために配置されたからだそう
    で、当時は10箇所以上もあったようです。

 

・城下町の町家街
   …赤穂城跡の北側、今市街地の中心になっている所が
    もと町家街で、住宅街や、5つの商店街などが集まっ
    ている繁華街になっています。

PAGETOP