1. 忠臣蔵ウィーク2019
  2. >
  3. 忠臣蔵BLOG
  4. >
  5. 2019
  6. 「赤穂さんぽ」 11回目は「東御崎展望台」です

「赤穂さんぽ」 11回目は「東御崎展望台」です

11回目は「東御崎展望台」です。

 

 

赤穂の「夕陽百選」の夕陽と、瀬戸内海を眺めることができる
絶景スポットのひとつで、赤穂御崎の旅館街から、眼下に海を
眺めながら歩いて、20分くらいの所にあります。

 

赤穂御崎は、大石内蔵助が京都の山科へ船で旅立った場所
なので「大石内蔵助良雄之像」建てられています。

 

桜の名所で、春になると展望台が桜で囲まれます。

 

まだ見たことはないのですが、天気のいい日は、ここから
「明石海峡大橋」が見えるらしいですよ。

 

「もっとおさんぽ」

 

・夕陽百選スポット
   …旅館街の伊和都比売神社、鳥居周辺や、きらきら坂の
    下にある「畳岩」などに、夕陽を撮る人たちが集まっ
    ています。朝焼けもキレイですよ。

 

・雲火焼展示館「桃井ミュージアム」
   …展望台の向かいが上り口になっています。

   「赤穂雲火焼」は、赤穂で生み出された、夕焼け空の様な
    色と文様の焼き物です。

   「水琴窟の庭」には「義士の水琴窟」や「足湯水琴窟」
    などユニークな水琴窟が、たくさん設置されています。

    ミュージアム入口の左手には、浅野内匠頭の奥さん
    瑶泉院が住んでいた三次浅野家江戸屋敷にあったと
    いう、灯篭とつくばいが置かれています。

 

・赤穂御埼灯台
   …旅館街の高台にある、高さ16m八角形の灯台。
    旅館街と東御崎展望台の間に上り口があります。

PAGETOP