1. 忠臣蔵ウィーク2019
  2. >
  3. 忠臣蔵BLOG
  4. >
  5. 2019
  6. 「赤穂さんぽ」 9回目は「からくり時計 義士あんどん」です

「赤穂さんぽ」 9回目は「からくり時計 義士あんどん」です

9回目は「からくり時計 義士あんどん」です。

 

 

朝9時~夜8時までの、毎正時に、陣太鼓の音が鳴って
ナレーションが始まり、刃傷事件から討入りまでが、
約3分で分かるようになっています。

 

「からくり時計」の後ろに見えるのが「息継ぎ井戸」で、
刃傷事件を知らせる早駕籠が、江戸から、わずか4日半で
赤穂に駆けつけ、ここで水を飲み一息ついてから、大石
内蔵助の屋敷に向かったと言われています。

 

ちなみに、悪い知らせを持った早駕籠は、大手門からは
入れないので、裏門の「塩屋門」を通ったそうです。

 

「もっとおさんぽ」

 

・赤穂情報物産館
   …からくり時計の、すぐ目の前にあります。
    赤穂のお土産や、忠臣蔵グッズなどが揃っていて、
    観光案内や観光マップも手に入ります。

 

・花岳寺
   …浅野家の菩提寺で、義士の墓所、義士宝物館など、
    忠臣蔵関連のスポットが色々あります。

 

・赤穂の商店街
   …息継ぎ井戸は、ちょうど市街地真ん中の交差点に
    あって、5つの商店街が、ここから始まっています。

 

・旧赤穂上水道モニュメント
   …息継ぎ井戸から北側の「駅前通り商店街」の途中に
    あって時々、水が溢れ出ています。

    旧赤穂上水道は、江戸時代の「日本三大上水道」の
    ひとつで、城内と城下町の各戸に給水されていました。

 

・東惣門跡
   …息継ぎ井戸から東側の「中央通り商店街」にあります。
    ここが城下町の東の入り口でした。

PAGETOP