1. 忠臣蔵ウィーク2019
  2. >
  3. 忠臣蔵BLOG
  4. >
  5. 2019
  6. 「赤穂さんぽ」 6回目は「赤穂御崎 きらきら坂」です

「赤穂さんぽ」 6回目は「赤穂御崎 きらきら坂」です

6回目は「赤穂御崎 きらきら坂」です。

 

 

赤穂御崎の旅館街、伊和都比売神社の東側にあるのが「きらきら坂」です。
名前の由来は、坂を下りながら、きらきら海が見えるからでしょうか。
いい感じのお店が並んでいて、そのお店も、きらきらしてる感じ。この間行ってみたら石畳になっていて、ますますいい坂になってました。

 

ここでは毎月、第3日曜日の9時頃から15時頃に「御崎マルシェ」が開か
れていて、赤穂ならではの色んな楽しいお店が、たくさん並びます。

 

坂を下りた所からの、海岸遊歩道も、散歩におすすめです。

 

「もっとおさんぽ」

 

・大石名残の松
    …きらきら坂を下りた所にあるのが、この松。
     大石内蔵助は、ここから船で京都の山科へ向かいました。
     船から何度も、この松を振り返り、赤穂の名残を惜しんだと
     言われ、今は三代目の松に引き継がれています。
        

・伊和都比売神社(いわつひめじんじゃ)
    …もとは神社沖の八丁岩の上に祀られていたものを、忠臣蔵の
     浅野内匠頭長矩が、この場所へ移しました。
     航海安全や大漁祈願、縁結びにご利益があるそうですよ。

 

・赤穂御埼灯台
    …旅館街の高台に建っている、高さ16m、八角形の灯台です。
     灯台裏からの眺めも、おすすめ。

 

・海岸遊歩道
    …歩いて行くと、福浦海岸、大塚海岸などがあり、遊歩道の
     両側では、不思議な色や形の岩を見ることができます。
     
     結構な急な坂を上りますが、福浦海岸から、東御崎展望台
     へも上って行けますよ。

PAGETOP