1. 忠臣蔵ウィーク2018
  2. >
  3. 忠臣蔵BLOG
  4. >
  5. 2018
  6. 忠臣蔵BLOG「高瀬舟船着場跡」

忠臣蔵BLOG「高瀬舟船着場跡」

 

「忠臣蔵BLOG」24回目は「高瀬舟船着場跡」です。

 

坂越の、千種川河川敷に残る船着場の跡です。

 

昔は高瀬舟が、川の上流と下流の町をつないで物資を運んで
いました。上流には塩田で作られた塩が、下流には年貢米や、
塩作りに欠かせない薪(たきぎ)などが運ばれていました。

 

江戸時代は、ここから下って行くと城下町まで通じていて
城下の熊見川には、いくつも船着場があったようです。


川を行き交う高瀬舟、ちょっと見てみたいですね。

 

「忠臣蔵・人物紹介」

 

今回は、間喜兵衛と間新六郎です。
間一家は、親子3人で討入っていますが、その内の2人です。

 

「間喜兵衛光延」行年69歳

 

父親が山鹿素行の高弟だったので、喜兵衛も父親から
兵学や儒学を学び、文武両道の人でした。

 

刃傷事件の時は、もう一人の息子と、ちょうど赤穂にいて
城中大評定にも参加、一貫して大石内蔵助に従っています。

 

討入りの2ヶ月前に江戸に入り、2人の息子と同居、医者と
名乗って吉良邸を探りました。

 

討入りは、喜兵衛と新六郎は裏門隊、十次郎は表門隊でした。
(親子は別々に討入ると決めていたそうです)

 

その時、短槍の柄に付けていた短冊は

「都鳥いざ言とはん武士の恥ある世とは知るや知らずや」

 

「間新六郎光風」行年24歳

 

幼い時に、喜兵衛の従兄弟の養子になりましたが、その養父と
折合が悪く、江戸の姉夫婦の家に身を寄せていました。

 

その時、刃傷事件が。仲間に加わりたいので、内蔵助に申し出、
父親からも頼んでもらい、赤穂に帰って義盟に参加しました。

 

新六郎で有名なのは、切腹の時、本当に腹を切った事です。

 

当時、切腹は形だけのもので、短刀を腹に当てようとした瞬間、
首を落とすのですが、新六郎は、座った途端に短刀を腹に突き
立て、七寸も切り裂いたそうです。

 

切腹後、義士たちは泉岳寺に埋葬されましたが、新六郎だけは
姉婿が引き取ったそうで、後に泉岳寺にも墓が建てられました。

PAGETOP