1. 忠臣蔵ウィーク2018
  2. >
  3. 忠臣蔵BLOG
  4. >
  5. 2018
  6. 忠臣蔵BLOG「赤穂城跡・二ノ丸庭園」

忠臣蔵BLOG「赤穂城跡・二ノ丸庭園」

 

「忠臣蔵BLOG」13回目は「赤穂城跡・二ノ丸庭園」です。

 

国の名勝に指定されている二之丸庭園は、旧赤穂上水道の水が
引かれていたそうで「錦帯池」と呼ばれる池は、船を浮かべて
一周できるようになっていました。

 

門を入った広い場所は、大石内蔵助の大叔父、大石頼母助良重の
屋敷が建っていた所で、江戸の儒学者・兵学者の「山鹿素行」が
赤穂に配流になっていた8年間、この一角に住んでいたことがあり
船遊びの歓待を受けたりしていたそうです。

 

「忠臣蔵・人物紹介」

 

今回は、礒貝十郎左衛門正久です。行年25歳

 

十郎左衛門は美少年で、舞や鼓が得意でした。
父親が、義士の堀部弥兵衛と親しく、その推挙で14歳の時に
浅野内匠頭の稚児小姓に取り立てられ、可愛がられました。

 

その後、物頭側用人にまで出世し「右に片岡、左に礒貝」と
まで言われています、屋敷も赤穂城内にあったんですよ。

 

内匠頭のお供で、江戸城の大手門前で、片岡源五右衛門たちと
主人を待っている時に、刃傷事件が起こりました。

 

内匠頭はその日の内に切腹「伝えて欲しい」と残した最後の
言葉は、源五右衛門と十郎左衛門へ向けてのものでした。

 

切腹した内匠頭の遺骸を引き取り、泉岳寺へ埋葬したのは、
十郎左衛門、源五衛門ら6人、墓の前で髻(もとどり)を切り
吉良上野介への復讐を誓いました。

 

討入りでは、堀部安兵衛らと屋内で奮戦、吉良家の小者に
ロウソクを出させて、暗い屋敷内で戦いやすくするという
機転を利かせ、大目付の仙石伯耆守に褒められています。

 

切腹後、残された、わずかな持ち物の中から、紫縮緬の袋に
入った、女物の琴の爪が一つ、出てきたという事です。

 

PAGETOP