1. 忠臣蔵ウィーク2018
  2. >
  3. 忠臣蔵BLOG
  4. >
  5. 2014
  6. ゆかたまつり準備中

ゆかたまつり準備中

明日は大石神社で第9回元禄赤穂ゆかたまつりが開催されます

忠臣蔵ウイーク実行委員会も大石神社までの道中に義士灯籠を設置し、ほのかな灯りでライトアップし、赤穂義士に想いをはせてもらいたいと思います。

 

昨夜47士の名前を印刷した灯籠の差し込みを制作しました

息子も楽しそうに手伝ってくれました

KIMG0556KIMG0558

息子が持っている大石主税のラミネート。

この大石主税は47士の中で最年少(15歳)で討ち入りし、16歳の若さで切腹しました。討ち入りを決めた時はまだ元服もしていなかったので、敢えて死を覚悟してまで討ち入りに参加する必要はなく、内蔵助さんも「自由にしろ」と言ったそうですが、主税は父と行動を共にしたいと強く希望し討ち入りの同志に参加したそうです。

 

そんな父と息子の当時の心境を想像すると胸が痛くなり、8歳の自分の息子と重ね合わせると何だか涙が出そうになりました。

この2人以外にも47士それぞれが想像を絶するような覚悟をもって主君の仇を討つことを決意したんだと思うと、改めて本当にすばらしい先人がいたこの赤穂に産まれ育ったことを誇りに感じます。

すばらしい先人の名に恥じぬよう赤穂の為に頑張ります!!

PAGETOP