1. 忠臣蔵ウィーク2018
  2. >
  3. 忠臣蔵BLOG
  4. >
  5. 2013
  6. Vol.35 今週の「いいとこ赤穂」ダイジェスト 第11回~第16回

Vol.35 今週の「いいとこ赤穂」ダイジェスト 第11回~第16回

 

赤穂専属カメラマンによる、赤穂市内のオススメ、イイトコ!を紹介する

 

「見つけて!教えて!イイトコ赤穂!」

 

忠臣蔵ウイークFacebookページで大好評・連載中!

 

今日はその1周間ダイジェストをお届けします。

 

579549_491258247623467_92662831_n

第11回は、唐船山です。

標高19mの、兵庫県で一番低い山で、昔、宝物を積んだ唐の船がここで沈没。

その上に土砂が積もったのが、この山と言われています。

そのためか、山の頂上で足を踏みしめると「ズン、ズン」

と中に空洞があるかのような音が、ホントにします。

 

 

39274_491692160913409_1508040699_n

第12回は、「赤」の字イルミネーションです。

JR播州赤穂駅の北側にある高山(たかやま)山腹に、

赤穂の「赤」の字がバベガシと椎の木で形作られ、

夜になるとイルミネーションで浮かび上がります。

写真は、赤穂海浜大橋からの眺めです。

 

1002581_492216854194273_877904978_n

第13回は、息継ぎ井戸です。

刃傷事件を知らせる第一報の早かごに、四昼夜半ゆられた早水藤左衛門と萱野三平が、

この井戸でひと息ついてから、城内の大石邸へ向かいました。

 

横の石柱は、花岳寺の初代大石なごりの松を支えていた48本(浅野内匠頭と四十七士)の内の3本で、

辞世の歌などが刻まれています。

花岳寺の山門脇にも十数本が残されています。

 

 

971909_492595877489704_1513108889_n

第14回は、生島です。

坂越湾に浮かぶ、ひょうたん島の様な生島(いきしま)は、大避神社船祭の御旅所でもあり、祭神の秦河勝の墳墓と

伝えられている古墳があります。

古くから大避神社の神地で、人が入ることを禁じていたために、原始林がそのまま残っていて、

一歩島へ入ると深山の様な雰囲気が漂います。

 

 

946336_492925174123441_1300917774_n

第15回は、宝専寺の恵比寿大黒舞です。

尾崎の宝専寺に伝わる面で舞われる恵比寿と大黒の舞いで、兵庫県無形民俗文化財に指定されています。

地元の保存会と、尾崎小学校の恵比寿大黒舞クラブによって継承されていて、元旦の宝専寺の奉納舞を始め、

イベントなどでも舞われています。

 

 

14798_493038004112158_725549415_n

第16回は、スマイルロード~笑顔の万国旗~です。

今回は、昨日の市民の夕べで撮影したばかりの写真から紹介。

 

第43回 市民の夕べ を盛り上げるため、赤穂青年会議所さんが市民から募集した笑顔の写真をつなげた「笑顔の万国旗」で、

スマイルロードを作って楽しんでもらおう、という企画です。(1200枚の笑顔が集まりました)

スマイルロードを歩いてみると、保育所や幼稚園、一般の人たちの笑顔が次々にあらわれて、思わず笑顔になる道でした。

 

 

赤穂専属カメラマンによる、いいとこ赤穂、すばらしい写真にコメントです!!!

 

今週もミックさんありがとうございました。

 

PAGETOP