1. 忠臣蔵ウィーク2018
  2. >
  3. 忠臣蔵BLOG
  4. >
  5. 2013
  6. Vol.125 見つけて!教えて!イイトコ赤穂! 第51回~55回

Vol.125 見つけて!教えて!イイトコ赤穂! 第51回~55回

赤穂専属カメラマンによる、赤穂市内のオススメ、イイトコ!を紹介する

 

「見つけて!教えて!イイトコ赤穂!」

 

今日は、第51回~55回をお届けします。

 

1384197_525437697538855_2059830420_n

第51回は、坂越の船祭「鼻高・獅子」です。

10月13日に行われた、坂越の大避神社「坂越の船祭」は、瀬戸内三大船祭りのひとつで、国の重要無形民俗文化財。

笛と太鼓の流れる中、鼻高・獅子舞がゆっくりと石段を下りて鳥居まで進み、鳥居からは一気に全力疾走で浜へ向かいます。

 

1374121_526186337463991_576211977_n
第52回は、坂越の船祭「海上渡御」です。

瀬戸内三大船祭りのひとつで、国の重要無形民俗文化財に指定されている、

大避神社の「坂越の船祭り」は、300年以上の歴史があります。

獅子船、楽船、神輿船、歌船・・・など11隻の和船が連なり、

ゆっくりと御旅所の生島へ向かう海上渡御は壮観です

 

1378091_526775360738422_1095346126_n

第53回は、妙見寺・観音堂です。

坂越の大避神社から坂をしばらく上ると、山を背にした宝珠山妙見寺観音堂が見えてきます。

現在の建物は1772年に再建されたもので「円通閣」とも呼ばれ、建築様式は京都の清水寺や、

書写山圓教寺の摩尼殿と同じ「懸造り」です。

観音堂からの、坂越湾と生島の眺めは素晴らしいのでぜひ見に行ってみて下さい。

 

1395388_527341480681810_1453692766_n

第54回は、赤穂歳時記(2月)赤穂かきまつりです。

毎年2月の第1日曜日に、赤穂海浜公園で開催されています。

長蛇の列ができる、焼きガキの無料配布や、カキの味噌汁やフライなどの様々なカキ料理のブース、

カキの重さ当て大会などで、赤穂のカキを思いっきり満喫できるイベントです。

写真は、赤穂の元気人「梅ちゃん」のバナナとカキのたたき売り、元気いっぱいの楽しい話術で毎年大人気です。

 

1391691_527840800631878_727897231_n

第55回は、赤穂歳時記(2月)義士自刃御命日祭です。

大石神社で、赤穂義士が切腹した2月4日、義士の遺徳を偲ぶ行事で祭典と、

参拝者に厄除け大根が振舞われます。

PAGETOP