推し活

ファンマとは?意味や作り方・決め方をわかりやすく解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

TikTokやTwitterなどのSNS上で見かけることが多くなったファンマ。ファンマってどんな意味なのかわからないんだけど、誰かに聞くのも恥ずかしいし…という方もいるかもしれませんね。

ということで、本記事では、ファンマの意味や作り方・決め方など、気になるポイントを詳しく解説していますよー!

ファンマとは「ファンマークの略」

ファンマとは「ファンマーク」の略称です。

「ファンマーク」とは、簡単に言えば、特定のアーティストやアイドル、キャラクターなどのファンが使用するシンボルやアイコンのことを指します。ファンマは、SNSのプロフィールや投稿に使用されたり、応援グッズやアート作品に取り入れられることが多いですね。

ファンマはファン同士の連帯感を強める

ファンマは、推しのアーティストやアイドルを支持していることを示すための重要な要素であり、ファン同士の連帯感を強める役割を果たします。

例えば、あるアイドルグループのファンは特定の絵文字やシンボルを共通して使用することで、互いに「同じファン」であることを認識しやすくなります。

ファンマはそのアーティストやキャラクターを象徴するものであり、ファンのアイデンティティの一部となるとっても重要なものなんですねー。

 ファンマとファンネの違いは?

ファンマに似たものにファンネというのがありますが、ファンネはファンネームの略です。

ファンネームとは、特定のアーティストやアイドルのファンに対して与えられる愛称や呼称のことで、例えば、あるアイドルグループのファンが「ミルク隊」と呼ばれる場合、その「ミルク隊」がファンネームになります。

ファンネは、ファン同士の一体感やアイデンティティの一部となるので、ファンマと同様とっても大切なんですね!

ファンマの決め方・作り方は?

なかには、ストリーマーなどの配信活動をしていて、自分のファンマを作りたい!と考えている方もいるかもしれません。でもファンマを決めるとなると、どうやって作ればいいのか悩みますよね…。

ファンマの作り方で一番多いパターンは、ファンの力を借りることです!

ファンからアイデアを募集する

 

コミュニティ内でファンからデザイン案を募るのが最も一般的です。SNSでファンのみんなにアイデアを募集すれば、あなたの力になってくれるでしょう。

良さそうなファンマの候補が複数あって決められない場合は、コミュニティ内で投票やアンケートを取り、提案されたデザインの中から最も反応の良いデザインを選ぶのがいいですね!

ファンマは必ずしも急いで決めなくてもいい場合も

 

まわりのコミュニティがファンマを使っていると、ついつい自分も急いでファンマをつくらなきゃ…と思ってしまいがちですが、ファンマというのは、コミュニティ内で自然発生的に広まることも少なくありません。

無理やりファンマを作るよりも自然発生的にできあがったほうが、ファンにとっては思い入れのあるファンマになりやすいです。

いまいちピンとくるファンマのアイデアが自分からもファンからも浮かばないときは、まだそのときではないと、いちど保留にするのもアリかもしれませんね♪

ファンマは気持ち悪い?

 

ファンマはファン同士の連帯感を強めるというメリットもありますが、ネガティブな側面が生まれる可能性もあります。

ファンマの多用や使用の押し付け

ファンと一言に言っても、熱狂的なファンからライトなファンまでさまざまですが、過激なファンのひとほどファンマを多用する傾向にあります。

ライトなファンからすれば、そのようなファンマの多用は「少し気持ち悪い…」「なんかうっとうしい…」と感じてしまう場合も。

また、コミュニティ内でファンマを使用することをなかば強要しようとしたり、全く関係のない外部のひとにファンマを使用するといったケースで問題が起きることも少なくないです。

 

ファンマ自体はファンコミュニティにとって重要なシンボルですが、一歩間違えると気持ち悪いと感じるひとも出てくる側面があります。周囲の人々や状況に配慮して適切にファンマを活用することが大切ですね!