1. 忠臣蔵ウィーク2019
  2. >
  3. イベント情報
  4. >
  5. 連日開催
  6. 令和元年度 特別展 『赤穂ゆかりの画家 藤本東一良』展

令和元年度 特別展 『赤穂ゆかりの画家 藤本東一良』展

令和元年度 特別展 『赤穂ゆかりの画家 藤本東一良』展
イベント企画
令和元年度 特別展 『赤穂ゆかりの画家 藤本東一良』展
内容

 藤本東一良(ふじもととういちりょう)は1913年(大正2年)静岡県伊豆下田に生まれ、その後、大阪へ移住しました。両親が赤穂市出身であり、代々坂越で廻船業を営んでいたことから、東一良自身もしばしば赤穂を訪れています。また、明治~大正時代に活躍した赤穂の日本画家平井正年の甥になります。




 キュビズムやフォービズムの影響を受けた躍動感溢れるダイナミックな動性のある筆致と、明るく明快な画風が認められ、日本芸術院賞・恩腸賞受賞などを受賞。日展顧問や光風会常任理事、日本美術家連盟常任理事などを歴任し、1998年(平成10年)に亡くなられました。開催期間は令和2年1月13日(月)まで。休館日は毎週火曜日。

赤穂ゆかりの画家、藤本東一良の世界を是非御堪能ください。


 


開催場所
赤穂市立美術工芸館 田淵記念館
開催時間
連日開催 9:00~17:00 期間中10日休館

PAGETOP