第43回「赤穂城跡 本丸・天守台」

akostaff 2017年11月19日

 

赤穂市の忠臣蔵スポットを紹介する「あこう忠臣蔵めぐり」
第43回は「赤穂城跡 本丸・天守台」です。

 

今年は紅葉が遅くて、赤穂城跡の木々も、色づきはもう一歩な
感じですね、今日はかなり冷えているので、紅葉も進みそうです。

 

本丸門の高麗門から枡形を進むと、櫓門越しに天守台が見えてきます。

 

赤穂城は、最初から天守閣は建てられませんでしたが、城の設計を
担当した近藤正純の息子、源八が作った模型が残っているそうで、
5層の天守閣を建てたい、という思いはあったようです。

 

建てられなかった理由は、幕府から京都の御所造営を命じられて、
お金がなかったとか、明暦の大火で江戸城の天守閣が燃えてしまった
ので幕府に遠慮したから、といわれています。

 

天守台は、崩れた箇所は修復されていますが、築城当時のものが、
そのままで、登ってみると石段の一段一段が、かなり高いです。

コメントをどうぞ