第62回「二之丸庭園・屋形舟遊覧」

akostaff 2017年12月8日

 

赤穂市の忠臣蔵スポットを紹介する「あこう忠臣蔵めぐり」
第62回は「二之丸庭園・屋形舟遊覧」です。

 

赤穂義士を生んだ、と言われる山鹿素行が、赤穂に流された時、
この二之丸庭園の錦帯池で、船遊びの歓待を受けました。

 

素行と同じ気分が味わえる屋形舟遊覧は、明日9日と、義士祭
当日の14日、10時~15時に開催されます。

 

忠臣蔵ウイークのイベントでは、10日の13時30分から。
「赤穂義士を育てた「山鹿素行先生」を顕彰する会議」が、
赤穂市民会館で開催されます。

 

山鹿素行は、儒学者・兵学者で、初代藩主「長直」の申し出で
浅野家に仕えた時と、著書が幕府の学問、朱子学を批判した罪で
赤穂に流された時の2度、赤穂浅野家に関わっています。

 

その時、小さかった大石内蔵助や義士たちが、素行から直接や、
家族などから、その教えを学び、これが討入り成功の元になった、
といわれています。

コメントをどうぞ