第58回「赤穂城下 お成り道」

akostaff 2017年12月4日

 

赤穂市の忠臣蔵スポットを紹介する「あこう忠臣蔵めぐり」
第58回は「赤穂城下 お成り道」です。

 

赤穂城から花岳寺までの道で、藩主がお城から、菩提所に
なっている花岳寺へ参拝する時に通った道です。
お城通りから、ひとつ西の通りですね。

 

今は真っ直ぐな道ですが、江戸時代は、戦いの時に見通しを
悪くする、鍵型街路になっていたようです。

 

この道辺りから東側が、江戸時代の町屋街で、今も当時のまま
旧熊見川(今の加里屋川)まで、真っ直ぐに通りが通っている
のが分かります(西側は侍屋敷街でした)。

 

道沿いには、赤穂市の市街地景観重要建築物に指定された
建物がいくつか残っていて、若干ですが、城下町の雰囲気を
味わうことができます。

コメントをどうぞ