今日のきらきら赤穂。<空と映画とお祭り>

week2016 2016年10月6日

こんにちは。

本日よりスタッフブログに参加させていただきます、スタッフMです。

この「今日のきらきら赤穂」では、赤穂の街で見つけたささやかな出来事をお伝えしていこうと思います。

 

さて本日ですが、皆様、朝に空を見上げて「久しぶりの青空!」と感じられた方も多かったのではないでしょうか?

このところ曇り空ばかりだったので、久しぶりに綺麗な青空を見ることができましたね。

更に夕方には綺麗な夕焼けまで。肌寒くなってきた風のなかで夕焼けを見ると、そろそろ秋なんだなぁ、と思います。

 

さて、綺麗な夕焼けと言えば、今大ヒットしている映画「君の名は。」!dsc_0953

作中では、空の描写や夕焼けの描写が美しくて、思わずうっとりとしてしまいました。

とくにあのシーンの夕焼け空の描写は本当に素晴らしかったですね!どのシーンかは、ネタバレを避けるため書きませんが…。

 

そんな「君の名は。」ですが、明日、10月7日より、播州赤穂駅最寄りのプラット赤穂シネマでも上映が開始されるようです。

Mは一度某所の映画館で鑑賞したのですが、もう一度あの感動を味わいたくて、近くの映画館でも上映すれば良いのになぁ、と考えていたのでまさに渡りに船!

まだご覧になっていない方も、一度ご覧になった方も、この機会に話題の映画を鑑賞しに来られてはいかがでしょうか。播州赤穂駅の駅ビル内の映画館ですので、アクセスも抜群ですよー。

 

ところで、「君の名は。」で印象に残ったシーンとして、美しい空の描写の他にもう一つ、受け継がれる伝統的な文化やしきたり、祭礼などのシーンも上げられるのではないでしょうか。

映画をご覧になって、伝統的な文化が受け継がれ、守られ、遺されていくことの大切さと儚さを感じられた方も多いのではないかと思います。

 

そしてこの赤穂にも、そんなふうに継承され続ける伝統的な行事があるんですよ!

300年以上の歴史を誇る、国の重要無形文化財にも指定されている行事、それが「坂越の船祭り」です。

瀬戸内三大船祭の一つで、全国的にも類を見ない伝統的和船の祭礼!古来からの伝統を色濃く遺すこのお祭りでは、12月とはまた違った赤穂の魅力を感じていただけるのではないでしょうか。

 

坂越の船祭り」は、今年は10月9日に開催です。

すてきな映画とあわせ、赤穂の地元に根付いた伝統とロマンを肌で感じることの出来るお祭りをぜひ、ご覧になってくださいね。

 

※坂越の船祭りについては、赤穂観光協会のサイトをご覧ください→ 坂越の船祭ブログ

コメントは受け付けていません。