今日のきらきら赤穂。<決起集会>

week2016 2016年11月17日

こんにちは。スタッフのMです。

本日のきらきら赤穂は、昨日水曜日に行われましたウイーク決起集会についてです。

 

これまで時には大胆に、時にはひっそりと活動してきたウイーク実行委員会ですが、11月も中盤へとさしかかり、ここからは作業も目白押し!というわけで、一同の心を一つにしよう!と決起集会(という名の食事会)が行われました。

 

会場には二つのホットプレートと、大量の鶏肉、そして実行委員Mさん(PR班リーダー)の畑でとれた大量の野菜!とくに葱!

これを、主に男達(+若干名の女性)がホットプレートに放り込み、じゅうじゅうと焼き上げるわけです。

Mリーダーが持ってきてくれた葱が異様に太くて、そして美味しい!スーパーではお目にかかれない太さです。私も以前、市内で畑をされている知り合いの方から同じような太さの葱をいただいたことがあるのですが、なんなのでしょう。赤穂の土地があの葱を育てるのでしょうか。

鶏肉と葱を焼いて、刺身醤油にお好みで七味唐辛子を振ったタレにつけて食べる、Mリーダー宅秘伝の「焼き鳥」は最高でした。本当に焼き鳥のねぎまの味です。このやりかたなら、コスパよく、楽しく、美味しく焼き鳥が食べれるんだよ、とのこと。目からウロコすぎました。

 

そして、同じくPR班所属のTさん(飲食店店主)が颯爽と鶏肉を焼いていきます。お店から秘伝のたれも持ち込まれて、できあがった新たなる味わいの「焼き鳥」に一同、大感激。その後Tさんは、大量のピーマンと鶏肉を同じタレで炒めてまたも絶品料理を作り出していただきました。

なにも特別なことはしていないように見えるのに、素人が作ったときと全然違う。きっとタイミングや細かい気配りが重要なのでしょうね。プロってすごいなぁと改めて感じました。

 

一方、テーブルの反対側では山下実行委員長と企画担当のHさん他数名が、食べ物そっちのけで打ち合わせを行っていたり・・・今日は難しい話はせーへんゆうたやろ!という声にもお構いなしでした。

 

最終的にはみんなおなかいっぱいになり、同じ釜の飯を食った仲間として、これまで以上に結束も固まりました。

実行委員会のメンバーは、年齢も、性別も、職業も様々ですが、共通しているのは、赤穂を盛り上げたい、ウイークを成功させてたくさんのお客さんに喜んでもらいたい、という気持ちです。

これからも、ウイーク本番までがんばっていきますよー。

やきとり

コメントは受け付けていません。