義士灯籠の習字の取付作業

all-ako 2015年11月29日

今日は、9時から赤穂城内で義士灯篭の習字の設営作業がありました。

習字を書いてくださった赤穂市内の習字教室の先生方と

ボランティア協会の方がお手伝いにきてくださり

 

皆様のおかげで作業も一時間ほどで終わりました。

 

ご協力いただきました赤穂市内の習字教室の先生方と

ボランティア協会の皆さんありがとうございました!

 

そして、9時30分から開催された

「アクションから学ぶコミュニケーション」

も大盛況で、子どもたちも楽しそうでした。

 

image

image

 

は、こども将棋大会

 

今年はダブル名人!

 

遠方からも参加もあり、とても良い大会になりました。

2つの事業と同時に

 

桝形のイルミネーションと太鼓橋のイルミネーションも同時進行

 

ものすごい寒い中、岩佐も1日の試験点灯に向けて電気工事。

 

このイルミ、10本の束を一つにして15センチずつくらいの感覚で

 

垂らしていっては、また折り返し・・なかなか手間のかかる

 

な作業でしたが

 

なんとか無事できました。

 

 

image

image

 

そして、、太鼓橋のイルミネーションも、

これまたほんま大変で

 

暗くなるまで作業。

 

作業は、ほんま手作業で できるんやろか~って感じでしたが

 

点灯してみて、きれいなイルミを見て

通すがりの学生さんの「きれい~」って声に

あ~しんどかったけど、きれいについてよかったなぁ!って思いますね。

 

その後、ちょっと休んで

 

明日のフットサル大会の準備のため、スポーツセンターへ

 

image

 

みんなでゴールを運んで準備です。

image

 

優勝賞品は、 麺坊お食事券!参加チームの皆さん

は頑張ってください!!

 

朝9時~夜10時までの今日1日の作業が終わりました。

 

忠臣蔵ウイークの事業は、実行委員会メンバーのボランティアと

協力いただいているボランティアの方々と

 

活動にご賛同いただいている企業や個人の協賛のおかげで

活動が成り立っています。

今日も、

壊れてボロボロの灯籠を見て「こんな壊れた灯籠、市に新しいのを買ってもらったらいいやん」

と言われましたが 笑

この活動は、赤穂市がやっているのではなく

忠臣蔵ウイークの事業は、実行委員会メンバーのボランティアと

活動にご賛同いただいている企業や個人の協賛・ご協力のおかげで

活動が成り立っていることをご説明させていただき

納得していただけました。

私たちの活動を「市がやっている」と思われている方がほとんどだと思いますが

私たちは、「赤穂を盛り上げよう」「義士祭の一週間赤穂に来てたのしんでもらおう」と

活動している市民ボランティア団体です。

市民のボランティアで成り立っていることのPRをすることで

今日、お手伝いいただいた皆様のように

楽しみながら自分の住む町のためになにかできることはないかと

気がついてくださったら・・と思います。

行政に任せるだけでなく

こういった活動の輪を広げていくのも

活動の一つと考え、日々頑張っていきたいと思います。

コメントは受け付けていません。