Vol.85 見つけて!教えて!イイトコ赤穂! 第31回~35回

web-ouen 2013年9月23日

赤穂専属カメラマンによる、赤穂市内のオススメ、イイトコ!を紹介する

 

「見つけて!教えて!イイトコ赤穂!」

 

今日は、第31回~35回をお届けします。

 

1186267_507396342676324_2091076651_n

第31回は、赤穂歳時記(1月)唐船海岸の初日の出です
赤穂市では、唐船海岸の「元旦あるこう会」、野外活動センターの「初日の出観覧会」などを開催していて、
瀬戸内海の島と共に美しい初日の出を見ることができます。

546958_507838355965456_807714511_n

第32回は、赤穂歳時記(1月)大石神社の初詣です。
写真は元日の夜。除夜の鐘が鳴る頃になると、拝殿から門の外まで続く長い参拝者の列で賑わいます。

1240472_509377895811502_1268080867_n

第33回は、赤穂歳時記(1月)赤穂八幡宮のとんどです
毎年1月15日に行われ、6時半に東西南北の4ヶ所で点火、一気に燃え上がります。
とんどの芯柱は男たちが力を合わせて抜き出し、10月の秋祭りに松明として使われます。
紅白と鏡餅の餅まきも行われ、鏡餅は取った人はお酒がいただけるとあって、ものすごい取りあいになります。

1229896_509382032477755_915033694_n

第34回は、赤穂歳時記(1月)消防出初式です。
毎年1月に千種川河川敷で行われる出初式。
分団の男たちが手動ポンプで水をかけ合う「放水合戦」で
盛り上がり、七色の一斉放水がフィナーレを飾ります。

1238113_510305902385368_1815973071_n

第35回は、お成り道です。
藩主が花岳寺へ参拝に行く時に通った道で、赤穂城跡から
花岳寺まで北へのびる道沿いには、当時の雰囲気の住宅が残っています。

この道の東西に広がる元城下町は、浅野時代から町割りが
ほとんど変わっておらず、風情のある路地がたくさんあるので、
横道に入ったりと寄り道をしながら歩くのもおすすめです。

コメントは受け付けていません。