Vol.144 見つけて!教えて!イイトコ赤穂! 第61回~65回

web-ouen 2013年11月21日

 

赤穂専属カメラマンによる、赤穂市内のオススメ、イイトコ!を紹介する

 

「見つけて!教えて!イイトコ赤穂!」

 

今日は、第61回~65回をお届けします。

 

1001584_530744820341476_1136587577_n

第61回は、赤穂歳時記(4月)春の義士祭です。
義士祭といえば12月14日ですが、こちらは4月に行われる
女性が主役の義士祭です。

お城通りでの女人義士行列や、御塩道中、元禄花見踊り、
でえしょん踊りなどの演舞で元気をもらえるお祭りです。

 

1377334_531164363632855_144094636_n

第62回は、赤穂歳時記(4月)赤穂御崎さくらまつりです。
赤穂御崎の東御崎展望台広場で開催、播州赤穂義士太鼓の
演奏や、カラオケ大会などが行われています。

東御崎展望台は、海を臨む斜面に桜が植えられていて、
瀬戸内の美しい海とともに見る桜は最高です!

 

1383678_531541400261818_931752284_n

第63回は、赤穂歳時記(3月)浅野内匠頭長矩侯御命日祭です。
浅野長矩が切腹した、3月14日に大石神社で行われていて、
祭典のほか、「身近な「怒り」の川柳コンクール」の表彰
と絵馬の奉納が行われます。

同じ日に、花岳寺でも法要や、赤穂観光大使の三遊亭楽松
さんの追慕寄席などが行われています。

 

64

第64回は、赤穂市立海洋科学館「塩の国」です。
広大な東浜塩田跡に造られた、赤穂海浜公園。
園内の赤穂市立海洋科学館には、揚浜式塩田、入浜式
塩田、流下式塩田が復元されています。

科学館では塩作り体験ができ、写真の復元された製塩作業
所では、毎週日曜日に釜揚げ作業を見ることができます。

 

65

第65回は、「雲火焼展示館 桃井ミュージアム」です。
「雲火焼(うんかやき)」は、赤穂の夕焼けの様な色と
文様の焼きもので、赤穂の伝統工芸品になっています。

桃井ミュージアムは、雲火焼をメインに、水琴窟の置か
れたオープンガーデン、瀬戸内海を一望できるカフェ
などがあり、長居したくなるミュージアムです。

コメントは受け付けていません。