2016年

忠臣蔵の教科書はNHK大河ドラマの元禄繚乱

week2016 2016年11月9日

実行委員長の山下です。

 

私にとっての忠臣蔵の教科書はNHK大河ドラマの元禄繚乱です。

 

赤穂での撮影にも呼ばれたこともあって、とても思い出深い作品でもあります。

 

TVドラマとか映画では2時間前後の作品が多いと思いますが

 

大河ドラマでしたら1年間毎週放送されますので詳しく見ることができます。

 

知らなかったことも多かったので勉強になりました。

 

当時はビデオで録画しましたが残念ながら今はビデオデッキがございませんので

 

レンタルで借りることにしました。

 

が、なんとレンタル店のドラマの棚が整理中ということで借りることができませんでした。

 

仕方ないので次回お借りいたします。

 

元禄繚乱の赤穂ロケには沢山のギャラリーもおられましたし活気もありました。

 

世界に誇れる忠臣蔵をもっともっと知っていただきたい。

 

忠臣蔵ウイークも赤穂を盛り上げるため、大河ドラマ誘致の力になれればと思います。

幻燈庭園への道 番外編

week2016 2016年11月7日

こんにちは。スタッフのMです。

今回は幻燈庭園への道、番外編ということで、いつもお世話になっているスタッフのHさんがどうしてもお勧めしたいイベントの紹介です。

 

 

すでに先日、きらきら赤穂の中でも触れましたが、

第4回忠臣蔵ウイークこども将棋大会<主税(ちから)杯>のご案内です。

 

こちらは、ウイーク開始当初から継続している、恒例の将棋イベントです。

将棋が好きなお子さまに集まっていただき、名人目指してチャレンジするこの企画。中には、参加するお子さまより、応援のお父さんのほうが熱くなってしまったり…?といった光景も見受けられるようです。

 

優勝すると、ウイークの誇るアマ有段者と多面指しによる対決もできます。

今回は、アマ有段者の数が前回より増えるかも、という未確定情報が…。

 

もちろん、有段者と対決なんて無理!という方でも、レベルに合わせて対戦は組まれますので、楽しく指すことができますよ。

 

そんなこども将棋大会の参加申し込みが延長されています。

今年こそは…!いやでも…と迷っている貴方も、この機会に是非、メールかFAXにてお申し込みください。

義士燈籠 たくさんの作品が集まりました!!!

week2016 2016年11月4日

忠臣蔵ウイークの恒例であり、人気の義士燈籠。

 

今年も沢山の作品が集まりました。ありがとうございます!!!

 

実行委員会で一つ一つ丁寧にパウチです。

 

11月に入り、忠臣蔵ウイークに向けていよいよ本格的に準備始動です。

 

dsc_1822

 

dsc_1818

 

dsc_1819

 

今日のきらきら赤穂。<鳩>

week2016 2016年11月4日

こんにちは。

うっかり金曜日になってしまいましたがスタッフのMです。

今回のきらきら赤穂ですが、こちら。

 

dsc_0964

この写真のどこかに、生き物が写っています。

 

どこですかねー

もうすこし拡大してみましょう。

 

dsc_0965

 

?!

 

鳩です。

 

赤穂城の石垣の中から、鳩がちょこんと顔を出していたのでした。

写真ではいまいち伝わりませんが、なかなかシュールな光景でしたよ。

 

 

そういえば、日頃「幻燈庭園への道」でお世話になっているHさんから、企画の宣伝を頼まれていたのでした。

 

こちら

 

第4回忠臣蔵ウイークこども将棋大会<主税(ちから)杯>

 

こちらは、ウイーク実行委員会が主催する将棋大会です。

ウイーク開始初年度からはじめて、もう4回目になるんですね。

Mはどうぶつしょうぎもまともにこなせませんが、なかなかハイレベルな戦いが繰り広げられているようですよ…!

上位入賞者は、ウイーク実行委員会が誇るアマ有段者(四段らしいですよ)と多面指しが可能!

意外とこのアマ有段者さん、うっかりミスをやらかすようなので、ひょっとしてひょっとしたら有段者相手に一本取れるかも?!

是非是非、皆様参加してくださいね。

幻燈庭園への道 Vol.4

week2016 2016年11月1日

こんにちは。スタッフのMです。

なんだか一気に寒さが増してきましたね。皆様は風邪などひかれていないでしょうか?

 

さて、今回の「幻燈庭園への道」ですが、諸事情により昨日更新ができなかったため、火曜日の本日更新させていただきます。すみません………

 

今回は責任者Hさんより、幻燈庭園を検討していた当初の貴重な写真をお借りしてきました。

 

img_20161009_103907

これは本丸門の内側……でしょうか?

メジャーでサイズを計測されているようですね。

 

img_20161009_104011

 

こちらも同じ場所でしょうか。

少し前の写真だとお伺いしていますが、当時この場所を見つめて、実行委員の間ではどのような会話が交わされていたのでしょうね。

 

どんな感じになるのか、早く見てみたいですね。

 

ところで、現在、ウイークでは企画をお手伝いいただけるボランティアの方を募集しています。

皆さま、ご協力お願い致します(ボランティア募集のお願い)

まさにこの幻燈庭園の舞台作りのお手伝いをしていただける方を大募集です。

一足早く、幻燈庭園がどうなるのか?!を見ることの出来るチャンスですよ~。

ウイークのスタッフも年齢、所属様々ですので、気負わずおいでください。

よろしくお願いします~。

とある日の出来事 あるお店のレジで

week2016 2016年10月28日
実行委員長の山下です。

 

とある日の出来事

 

あるお店のレジで店員さんに「ウイーク大変でしょう」と声をかけていただきました。

 

顔見知りのかたではありましたが、お話ししたことは一度もなくて、ちょっとビックリしました。

 

嬉しくもあり身が引き締まるおもいでもありました。

 

神戸新聞に掲載されたNHK大河ドラマ誘致メニューの記事を読まれたようです。

 

忠臣蔵ウイークの初めての取り組みとして行政と民間がいっしょになって大河ドラマ誘致につなげようという

 

店舗企画です。

 

赤穂の特産品を使ったメニューを年間を通じてお楽しみいただけます。

 

沢山のかたに赤穂にお越しいただきたいと思います。

 

HPもご覧くださいませ。

 

2020年、東京五輪   赤穂に大河ドラマを。

%e5%ae%98%e6%b0%91

幻燈庭園への道 Vol.3

week2016 2016年10月24日

こんにちは。スタッフのMです。

今日は「幻燈庭園への道」第三回です。

急に冬の気配が感じられるようになって、次第に義士祭が迫ってきているのが感じられますが、今日もHさんになにか新しい情報はないか、聞いてみたいと思います。

 

―毎週水曜日はウイークの実行委員会でいろいろなことを話し合っていると思うのですが、先週の実行委員会ではどんなことが決まりましたか?

 

H そうですね。先週の実行委員会では、幻燈庭園を実施するに当たっての作業日程を作成していました。

 

―そうですか。幻燈庭園の企画内容と言うよりは、作業内容などが話し合われたんですね。

 

H そういうことになります。実際作業を行う日程が決まって、また一歩前進できたような気がします。

 

―千里の道も一歩からですね。そういえば、先週役所に提出する書類があるという話をお伺いしましたが、どうなりましたか。

 

H 皆様のご協力をもちまして、無事に提出することができました。

 

―それはよかったです。そのほかになにか新しい情報はあるでしょうか。

 

H すみません、今日の所はこのあたりになります。まだまだ検討中のことが多くて、なかなかお伝えできることがありません。

 

―そうですか。分かりました。また次週に期待ですね。

 

 

実現へ向かって着実に進んでゆく「幻燈庭園」!来週はどんな情報がお伝えできるか楽しみです。

 

※この「幻燈庭園への道」は、毎週月曜日頃、不定期に更新予定です。

今日のきらきら赤穂。<風に揺れる稲穂>

week2016 2016年10月20日

こんにちは。

一週間空いてしまいましたが、スタッフのMです。

 

最近寒くなったと思ったらまた暑さが復活してきて、お役御免かと思った扇風機がまた稼働しているMですが、皆様はいかがでしょうか。

それでも季節は進むもの、あちこちでこんな光景が見られますね。

 

dsc_0957

 

風が吹いた日の直後に撮影したのでちょっとへんにょりしてますが…。

この光景を見ると、もうすぐ美味しい新米の季節!わくわくしますね。

昔は通学路の横が一面田んぼだったりして、春にはレンゲが咲いて美しい光景でしたが、最近はなかなかそんな光景もご無沙汰になってしまいました。

でもやっぱり、秋晴れの下、一面の稲穂が揺れる田んぼを見ると心が穏やかになって、幸せな気持ちになりますよね。

 

刈り入れをされる農家の皆様は大変だと思いますが…素晴らしい実りの秋が迎えられますように。

1999年放送、NHK大河ドラマ元禄繚乱

week2016 2016年10月20日

dsc_0031

 

実行委員長の山下です。

坂越の妙見寺で撮影のときに頂いた柳沢慎吾さんのサインです。

日付を見ると18年前の今頃ですね。もっと前のような感じがしますが懐かしく思います。

撮影には背景の仕事で行かせていただきました。

1700年代の時代設定なので電柱とかコンクリートが映るとおかしいので、木々で隠したりしてました。

撮影時にはブログで書けないエピソードもあり、すぐ目の前では撮影されていたり

とても楽しく貴重な経験をさせていただきました。

2020年の東京五輪に再び赤穂で大河ドラマを撮っていただけるよう

誘致に向けて忠臣蔵ウイークも頑張ります。

駅前の看板

week2016 2016年10月18日

dsc_1647

 

みなさん、ご存知ですか?

写真ば播州赤穂駅からの写真です。

忠臣蔵を大河ドラマへの大きな看板が設置されています。

これから街のあちこちで大河ドラマ誘致へ向けた動きが盛んになってくるでしょう。

オール赤穂で盛り上げて行きましょう!!!