2016年11月

イベントレポート 第4回忠臣蔵ウイークこども将棋大会<主税(ちから)杯>

week2016 2016年11月29日

こんにちは。スタッフのMです。

今回は「幻燈庭園への道」はお休みして、イベントレポートをお届けします。

 

11月27日(日曜日)に、赤穂市民会館大会議室にて、

「第4回忠臣蔵ウイークこども将棋大会<主税(ちから)杯>

が行われました!

 

 

あいにくの雨模様ですが、会場は受付開始前から参加者の皆様で賑わっていました。

 

今回の参加者は総勢31名!小学校低学年以下の部、小学校高学年の部、中学生の部に分かれ、トーナメント戦を行いました。(中学生の部のみ、総当たり戦)

 

 

開会前の会場の様子・・・

 

dsc_0975

 

あつまっていただいた参加者の皆さん。

dsc_0976

 

 

司会かつ将棋指南役の一人、平野アマ四段の挨拶。

dsc_0984

 

 

続いて、山下実行委員長の挨拶。

「大石内蔵助の先見の明は、将棋を指す様と共通する物がありますね。」

 

dsc_0983

 

 

そして、いよいよ対局開始!!

「お願いします」で始めます。

みんな、真剣な表情ですね~。

 

dsc_0988

 

dsc_0987

 

 

 

 

こちらは、対戦がない参加者や、敗退してしまった参加者も楽しめる、指導対局席。

 

 

指導をいただいたのは、佐用で将棋教室を開かれている、野村先生です。

 

皆さん真剣な表情で指導に耳を傾けていますね。

 

dsc_0989

 

 

もう一つの自由対局コーナーでは、山本アマ五段との多面指しに挑戦できました。

「待った!」「えー、そう来るのぉ?!」と、賑やかに盛り上がっていましたよ。

 

dsc_0990

 

 

 

 

ちなみに、今回はあこうぱんさんのご協力により、参加者全員このようなプレゼントがありました。

 

こちらは、ベストフォーまで届かなかった皆さんに配られた、「歩兵パン」。

dsc_0981

 

 

こちらはベストフォーまで上がるともらえた、「角行パン」。

写真では分かりづらいですが、歩兵パンよりでっかいです。

dsc_0980

 

 

そして、準優勝者にプレゼントされた、「飛車パン」。

かっこいい!

dsc_0979

 

 

 

そして圧巻の「王将パン」。

dsc_0982

 

でっかい!!説明不要!!

こちらはもちろん、各部門で優勝した参加者に贈呈されました。

 

ちなみにMたちスタッフは、パンの中に何が入っていたのか(あるいは何も入っていなかったのか)を聞いていません。

き、気になる・・・

 

 

さて、そうこうしているうちに、小学校低学年以下の部の決勝戦が・・・

 

dsc_0995

 

真剣な表情ですね~。見入ってしまいます。

 

 

こちらは、高学年部の決勝戦。

 

dsc_0996

 

いずれ劣らぬ実力者同士の戦いでした。

 

 

(中学生の部は総当たり戦なので画像がありません・・・すみません)

 

 

そして、白熱した戦いの末に、今年度の<主税(ちから)杯>優勝者が決定。

 

小学校低学年以下の部の優勝者は、炭崎くん。

 

dsc_1012

 

表彰状と王将パン、そして名人、佐藤天彦先生の扇子「一期初心」が贈られます。

 

 

 

dsc_1016

 

準優勝、成世くん。表彰状と飛車パンが贈られました。

 

 

 

dsc_1018

 

ベストフォー、山田くん。

 

 

dsc_1021

 

同じくベストフォー、蓮沼くん。

 

二人には表彰状と角行パンが贈られました。

 

 

 

続いて高学年の部、優勝者は井口くん。

 

dsc_1023

 

低学年以下の部と同じく、佐藤名人の扇子と王将パンが副賞です。

 

 

 

 

準優勝の和田くんは表彰式欠席でした。

 

 

 

dsc_1025

 

ベストフォー、久田くん。

 

 

dsc_1027

 

同じくベストフォー、小松くん。指導対局をしてくださっていた野村先生の教え子だったんですね。

 

 

 

続いて中学生の部。

 

dsc_1029

 

優勝は起塚くん。せっかくなので扇子を拡げていただきました。同じ佐藤天彦先生の扇子「王道」。かっこいい!

 

 

dsc_1031

 

準優勝、衣笠くん。またしても野村先生の教え子ですね。

 

 

 

dsc_1033

 

第三位、桐谷くん。

 

 

 

 

以上、入賞された方はもちろん、残念ながら入賞を逃した皆さんも本当に素晴らしい戦いを繰り広げてくださいました。

Mは将棋がわかりませんが、皆さんが一生懸命に将棋盤に向かっている姿はなんだかぐっとくるものがありましたよ!

 

 

さて、大会終了後の恒例イベント、有段者との多面差しチャレンジ。

 

大会中は保護者の方は対局中のお子様の近くでの観戦はできなかったのですが、こちらでは真後ろでお子様の姿を見ていただけます。

去年も来てくれた参加者の中には、「今年こそ負かしてやる!」という声も聞かれましたが果たして・・・?

 

 

 

丁寧な指導の野村先生。

 

「そう指したら、この駒が死んじゃうからね」「うーん・・・」

 

dsc_1036

 

 

 

鬼のようにさくさくと指していく山本アマ5段。

 

「え、これもう負けてる?」「どうだろうね~考えてみてね~」

 

 

 

 

そして、相変わらず容赦の無い平野アマ4段。

 

「まだやれるって!」「え~、じゃあ、ハイ」「ええええ~?!」

 

 

dsc_1037

 

 

 

楽しい多面指しは、途中大人が参加したり、どうぶつしょうぎが登場したりしながら、和やかなムードで終了し、今年度の<主税(ちから)杯>も無事に終了いたしました。

 

 

 

本大会に参加いただいた皆様、そして、助力いただいた野村先生、山本アマをはじめとする多くの皆様、本当にありがとうございました。

最後まで満足して将棋を指せた皆さんも、もっと指したかったよ!という皆さんも、また来年も是非、<主税(ちから)杯>へご参加くださいね。

みなさーん、みてらっしゃいますかー?

week2016 2016年11月25日

実行委員長の山下です。

 

みなさーん、みてらっしゃいますかー?

 

2016 忠臣蔵ウイーク ホームページ。

 

私は赤穂出身でありながら忠臣蔵のことを知っておかないと恥ずかしいと思いつつ

 

分厚い書物を読んだりするのは・・・なので映像から学ぶことが多いです。

 

2016 忠臣蔵ウイーク ホームページには、ゆる忠臣蔵、もりいくすお先生の作品、The 47 Black Catsとフェイスブックで

 

端的にまとめた映像とアニメタッチで分かりやすい作品となっております。

 

映像で忠臣蔵関係のものを見ても分からないこともあって

 

これらを見たりすることで

 

「あ、そういうことか」と分かることも度々あります。

 

若い人たちにもっと見ていただきたいとおもいますので是非ご覧くださいませ。

義士燈籠設置

week2016 2016年11月23日

実行委員長の山下です。

 

先週末、忠臣蔵ウイーク恒例の義士燈籠を本丸庭園にて設置させていただきました。

 

あいにく小雨に見舞われながらの作業となりましたが企画担当のスタッフMさんを中心に

 

沢山のかたに手伝っていただき、おかげ様で無事に設置いたすことができました。

 

ガタがきた燈籠を見ては月日の経過を感じさせます。

 

早いもので、もう10年使っているんだなーと。

 

1週間後には義士燈籠に習字作品の貼り付けを行います。

 

今年の作品もどうぞ、お楽しみくださいませ。

 

お手伝いくださった皆様、どうもありがとうございました。

 

 

img_20161120_113502

 

幻燈庭園への道 Vol.5

week2016 2016年11月22日

こんにちは。スタッフのMです。

月曜日更新と言いながら、いつも日付を越えてしまってすみません。

 

さて。今回は、20日(日)に行われた幻燈庭園の準備の模様です。

 

いよいよ実地作業が始まりました。いつもの実行委員会のメンツに加えて、ここぞとばかりに集まってくださったたくさんの皆様!

Hさんの職場の若手の皆様もたくさん来ていただいて、朝早くから肉体労働に励んでいただきました。

Hさんの人望ってすごかったんだなぁ、と改めて感じました。さすが企画担当Hさん。人望が違います。

気合いが入りすぎて重役出勤されてましたが。

さて。人数もそろったので作業に取りかかります。

沢山の灯籠を倉庫からバケツリレー方式で運び、本丸庭園内へ。

そして、等間隔に並べて固定します。

 

地面に転がっているレンガですが、1つが2キロほどあります。台車に乗せて運ぶ男性陣は何往復もお疲れ様でした…。

 

dsc_0970

長い木材を灯籠に電動工具で固定し、電源コードをつないでいきます。

 

dsc_0969

 

楽しく、でも要領よく作業を進めていく一同。大勢でやるとあっという間かつ賑やかで楽しいですね。

 

途中雨も降り出しましたが、おかまいなしに作業続行。

dsc_0972

できました!

 

電源コードもきちんと木材に沿わせて見苦しくないように固定。

インシュロックが大活躍です。(私、ウイーク実行委員会に入るまでインシュロックというものの存在を知りませんでしたが、なかなか優れものですね。発明した人はすごい)

 

11時頃に作業終了。

dsc_0971

山下実行委員長よりご挨拶。皆様、お疲れ様でした。

 

このあと、実行委員会の主立ったメンツは大石神社へ移動し、ウイークの成功祈願へ!

Mは神妙にしていたので写真がありませんが、宮司様に祝詞をあげていただき、しっかりと成功を祈願していただきました。

最後に御神酒とお守りを頂いて終了でした。

 

 

今週から毎週、土日のいずれかには作業がありますので、ちょっと時間が空いたな~という方は是非、お手伝いに来ていただけるととても助かります。

詳しいご案内はこちら。

ボランティア募集のお願い

 

わいわい賑やかなメンツと作業しながら、赤穂の新しいイベントを作ってみませんか?

来週26日は二の丸庭園での作業のようです。普段はなかなか足を踏み入れることの無い二の丸庭園に入るチャンスですよ~。

 

赤穂市立加里屋まちづくり会館

week2016 2016年11月20日

 

実行委員長の山下です。

 

昨年から忠臣蔵ウイーク実行委員会の事務局を赤穂市立加里屋まちづくり会館内に置かせていただいております。

 

私達といたしましては、とても助かっております。

 

事務局のかたは大変でしょうが感謝しております。

 

用事があってまちづくり会館に寄ったかえりに、館内であるかたに

 

「事務局はどこですか」と話しかけられました。

 

将棋大会の申し込みで来られたようです。

 

頭の下がる思いになり、人の輪で繋がっているなと感じました。

 

今年の将棋大会は11月27日(日) 赤穂市民会館で行われます。

 

 

unnamed

 

今日のきらきら赤穂。<決起集会>

week2016 2016年11月17日

こんにちは。スタッフのMです。

本日のきらきら赤穂は、昨日水曜日に行われましたウイーク決起集会についてです。

 

これまで時には大胆に、時にはひっそりと活動してきたウイーク実行委員会ですが、11月も中盤へとさしかかり、ここからは作業も目白押し!というわけで、一同の心を一つにしよう!と決起集会(という名の食事会)が行われました。

 

会場には二つのホットプレートと、大量の鶏肉、そして実行委員Mさん(PR班リーダー)の畑でとれた大量の野菜!とくに葱!

これを、主に男達(+若干名の女性)がホットプレートに放り込み、じゅうじゅうと焼き上げるわけです。

Mリーダーが持ってきてくれた葱が異様に太くて、そして美味しい!スーパーではお目にかかれない太さです。私も以前、市内で畑をされている知り合いの方から同じような太さの葱をいただいたことがあるのですが、なんなのでしょう。赤穂の土地があの葱を育てるのでしょうか。

鶏肉と葱を焼いて、刺身醤油にお好みで七味唐辛子を振ったタレにつけて食べる、Mリーダー宅秘伝の「焼き鳥」は最高でした。本当に焼き鳥のねぎまの味です。このやりかたなら、コスパよく、楽しく、美味しく焼き鳥が食べれるんだよ、とのこと。目からウロコすぎました。

 

そして、同じくPR班所属のTさん(飲食店店主)が颯爽と鶏肉を焼いていきます。お店から秘伝のたれも持ち込まれて、できあがった新たなる味わいの「焼き鳥」に一同、大感激。その後Tさんは、大量のピーマンと鶏肉を同じタレで炒めてまたも絶品料理を作り出していただきました。

なにも特別なことはしていないように見えるのに、素人が作ったときと全然違う。きっとタイミングや細かい気配りが重要なのでしょうね。プロってすごいなぁと改めて感じました。

 

一方、テーブルの反対側では山下実行委員長と企画担当のHさん他数名が、食べ物そっちのけで打ち合わせを行っていたり・・・今日は難しい話はせーへんゆうたやろ!という声にもお構いなしでした。

 

最終的にはみんなおなかいっぱいになり、同じ釜の飯を食った仲間として、これまで以上に結束も固まりました。

実行委員会のメンバーは、年齢も、性別も、職業も様々ですが、共通しているのは、赤穂を盛り上げたい、ウイークを成功させてたくさんのお客さんに喜んでもらいたい、という気持ちです。

これからも、ウイーク本番までがんばっていきますよー。

やきとり

旧赤穂上水道完成400年

week2016 2016年11月16日

実行委員長の山下です。

 

2016年は、旧赤穂上水道が完成して400年となる記念の年です。

 

今の時代、蛇口をひねると水が出るのが当たり前ですが、当時にしては画期的なことだったんだなと思います。

 

様々な記念事業をされてこられましたが

 

忠臣蔵ウイークも何かの形で、ご協力したいとずっと思っていました。

 

竹灯りをされるとのことでしたので竹切りの作業に同行させていただきました。

 

赤穂森の倶楽部さん主導のもと、直径15㎝の竹を手際良く、次々と切り出されてました。

 

私は切り出された竹を、ひたすら運んでおりました。

 

義士祭の頃には市内で、きれいな竹灯りを見ることができるでしょう。

 

img_20161030_113436

昨日は忠臣蔵ウイーク実行委員会、電球のチェック

week2016 2016年11月10日

昨日は忠臣蔵ウイーク実行委員会、電球のチェック

 

本年は幻燈庭園を開催します。昨年まで開催された「天守閣イルミネーション」とはまたひと味違った演出で、風情ある本丸庭園全体を幻想的にライトアップ。

 

義士にちなんだ音楽も流れ、ライトの色がカラフルに変化する演出(30分に1回)も楽しめます。

 

ぜひぜひお越しくださいね。

 

dsc_1187

 

dsc_1189

 

dsc_1190

 

dsc_1191

忠臣蔵の教科書はNHK大河ドラマの元禄繚乱

week2016 2016年11月9日

実行委員長の山下です。

 

私にとっての忠臣蔵の教科書はNHK大河ドラマの元禄繚乱です。

 

赤穂での撮影にも呼ばれたこともあって、とても思い出深い作品でもあります。

 

TVドラマとか映画では2時間前後の作品が多いと思いますが

 

大河ドラマでしたら1年間毎週放送されますので詳しく見ることができます。

 

知らなかったことも多かったので勉強になりました。

 

当時はビデオで録画しましたが残念ながら今はビデオデッキがございませんので

 

レンタルで借りることにしました。

 

が、なんとレンタル店のドラマの棚が整理中ということで借りることができませんでした。

 

仕方ないので次回お借りいたします。

 

元禄繚乱の赤穂ロケには沢山のギャラリーもおられましたし活気もありました。

 

世界に誇れる忠臣蔵をもっともっと知っていただきたい。

 

忠臣蔵ウイークも赤穂を盛り上げるため、大河ドラマ誘致の力になれればと思います。

幻燈庭園への道 番外編

week2016 2016年11月7日

こんにちは。スタッフのMです。

今回は幻燈庭園への道、番外編ということで、いつもお世話になっているスタッフのHさんがどうしてもお勧めしたいイベントの紹介です。

 

 

すでに先日、きらきら赤穂の中でも触れましたが、

第4回忠臣蔵ウイークこども将棋大会<主税(ちから)杯>のご案内です。

 

こちらは、ウイーク開始当初から継続している、恒例の将棋イベントです。

将棋が好きなお子さまに集まっていただき、名人目指してチャレンジするこの企画。中には、参加するお子さまより、応援のお父さんのほうが熱くなってしまったり…?といった光景も見受けられるようです。

 

優勝すると、ウイークの誇るアマ有段者と多面指しによる対決もできます。

今回は、アマ有段者の数が前回より増えるかも、という未確定情報が…。

 

もちろん、有段者と対決なんて無理!という方でも、レベルに合わせて対戦は組まれますので、楽しく指すことができますよ。

 

そんなこども将棋大会の参加申し込みが延長されています。

今年こそは…!いやでも…と迷っている貴方も、この機会に是非、メールかFAXにてお申し込みください。