1. 忠臣蔵ウィーク2017
  2. >
  3. あこう忠臣蔵めぐり
  4. 第26回「赤穂城下の義士宅跡」

第26回「赤穂城下の義士宅跡」

 

赤穂市の忠臣蔵スポットを紹介する「あこう忠臣蔵めぐり」
第26回は「赤穂城下の義士宅跡」です。

 

赤穂に住んでいた義士たちの宅跡は、赤穂城内に4ヶ所、
侍屋敷街に17ヶ所あって、名前の書かれた石柱と説明版が
立てられています。

 

写真は「大高源五」の宅跡で、公園になっていました。
広い敷地なので、ここに何人かの藩士の屋敷が建って
いたんでしょうね。

 

城下町は、住宅地になっていますが、江戸時代の町割が
ほとんどそのままで、昔の地図を見ながら歩けそうです。

 

大高源五は、吉良上野介が間違いなく屋敷にいる日を
調べて、大石内蔵助に報告した人で、この情報を元に
12月14日の討入りが決定されました。

 

俳人でもあり、刃傷事件の4年前に、浅野内匠頭長矩の
参勤交代に同行して、江戸から東海道を通って、赤穂に
着くまでの俳諧紀行文学(奥の細道みたいなのですね)
「丁丑紀行」(ていちゅうきこう)を残しています。

 

PAGETOP